自分に合った小顔矯正施術を利用しよう【原因や施術法を調査】

小顔美人になる方法

医者

小顔になって悩みを解消する

痩せているはずなのに、太って見えてしまうという悩みを抱えている女性は少なくありません。顔というパーツは一番に目がつく部位であり、顔が大きく見えてしまうと太っている印象を持たれてしまうでしょう。そのため、小顔になりたいと考える女性が多いと言えます。小顔になるには様々な方法がありますが、基本的にセルフケアでは難しいものです。セルフケアでは結果が出ないというわけではないのですが、間違ったケアは余計に顔を大きくみせてしまう原因にもなるでしょう。また、即効性を得ることができないため効果が出るまでに半年や一年、もしくはそれ以上の期間が必要になってきます。一刻も早く小顔になりたいと思う場合は美容整形外科で小顔整形を受けると良いでしょう。美容整形外科で受けることができる小顔整形には様々な施術があり、気軽に受けることができる施術は注射系となっています。原因や部位によって施術内容は違ってくるのですが、エラが張っている場合やフェイスラインを細くしたいという場合はボトックス注射が受けられます。ボトックス注射では、表情筋の動きを抑制する働きがあるので、たるみなどを解消していき小顔にすることができるでしょう。また、あごの下に肉がついてしまい二重あごになってしまっているという場合は、脂肪溶解注射で小顔にすることが可能です。小顔にすることができてもほうれい線などのしわが気になるという場合は、並行してヒアルロン酸注射を受けると良いでしょう。そうすることで若々しい見た目や小顔にすることができ、自信を持つことができます。注射系は施術したその日にすぐ効果が目に見えてわかるというわけではありませんが、施術してから日が経つに連れて徐々に効果が現れてくるものです。そのため、整形したと知られたくない人には向いている施術内容と言えるでしょう。すぐにでも効果を得たいという場合は脂肪吸引やエラ削りなどの施術も受けることが可能です。注射系の施術に比べて負担が少なからずかかってしまうため、ダウンタイムが必要になります。ダウンタイムはいわゆる休息が必要とする時間になるので、医師の指示に従って安静に過ごすことが必須です。万一、医師の指示を無視して過ごしてしまった場合はトラブルが生じる可能性もあるので、十分に注意しましょう。しっかりと守ることにより、すぐにスッキリとした綺麗なフェイスラインを得ることができます。また、小顔整形を受ける場合は自分が受けたいと思う施術内容を得意としているところか確認した上で利用することが望ましいと言えます。

Back to Top